ETC車載器の種類

ETCカードを利用するためには、ETC車載器、というものを設置しなければなりません。
ETC車載機に、ETCカードを挿入して、はじめて、ETCの利用ができるということになります。

ETC車載器から車両情報を料金所のアンテナを通して無線通信し、交通料金を計算するわけです。

ETC車載器は、ディーラーや自動車部品メーカー、また家電メーカーなどから発売されているものです。
大きく分けて、三つのタイプがあります。
一つ目は、2ピースタイプというものです。

2ピースタイプは、ETC本体とアンテナを一つに収めたもので、ダッシュボード上などの運転の妨げにならない場所にとりつけるようになっています。

3ピースタイプは本体からアンテナが分離したものです。
小型アンテナ、ETC車載機本体、カード、この三つで構成されています。

ビルトインタイプは、車の一部、となっているもので、自動車メーカーから発売されています。
アンテナはルームミラーに組み込まれていたり、本体がセンターパネルに組み込めるようになっていたりします。
自動車メーカーによって様々です。
ビルトインタイプにも、2ピース、3ピースタイプがあります。