ETC利用の注意点は?

ETCシステムがかなり普及して、ETCカードを利用した有料道路通行が多くなりました。
一番多くなったのが、ETCレーンでの事故。
ETCレーンに入る前に減速せず、スピードがあるママに入り、レーンを壊してしまうという事故が多発したのです。
そこで、ETCレーンは時速20km以下で徐行してはいる、ということが決まりになりました。

レーンの開閉バーは車載器のアンテナとしっかり通信できなければあきません。
ETCカードの入れ忘れなどもあり、レーンでの事故も多くなったようです。

安全に停止できる速度、徐行、20km以下で利用すれば、大きな事故にもなりません。

また、先に行く車がどんどんレーンを通過する・・・と思って、車間をしっかりとらないドライバーさんも多く、ETCレーンでの追突事故も多くなっています。

ETCカード、クレジットカードにも有効期限があり、有効期限切れのカードでは、もちろん、ETCの利用ができなくなります。
案外多いんですって。
有効期限切れのクレジットカードを誤って入れてしまい、あわてる人が。
みなさん気を付けましょうね。