スズキワゴンRの新古車を買うならこちら

スズキのワゴンRは、軽自動車シェアナンバーワンの人気車種で、開放的で快適な車内空間を実現し、それまでの小さくて狭いという軽自動車の常識を打ち破った軽自動車界の革命児です^^ さて、そんなワゴンRのグレードとメーカー希望小売価格は以下のようになっています。

車種 グレード 価格
ワゴンR FX 1,071,000~1,197,000円
FX Limited 1,181,250~1,330,350円
ワゴンR スティングレー T(ターボエンジン) 1,417,500~1,524,600円
X(DDHC VVTエンジン) 1,286,250~1,403,850円
ワゴンR リミテッドII 1,281,000~1,395,450円
ワゴンRスティングレー リミテッドII 1,312,500~1,426,950円

ワゴンRは人気車種ですので、新古車も豊富にあります。 新古車をお得に買うには、いきなり近所の中古車販売店やディーラーに行くのではなく、インターネットで探すことをおすすめします。 ネットなら全国の新古車情報を希望のカラーやグレードなどで手軽に簡単に検索して探すことができるからです。 気に入ったものがあれば、そのまま見積もり・購入までできますし、相場をチェックして、それから近所のお店で相場を元に交渉もできますね。 そんなわけで、ワゴンRの新古車を探すには、カーセンサーがおすすめです。

車種 グレード 新古車相場
ワゴンR FX 相場をチェック!
FX Limited 相場をチェック!
ワゴンR スティングレー T(ターボエンジン) 相場をチェック!
X(DDHC VVTエンジン) 相場をチェック!
ワゴンR リミテッドII 相場をチェック!
ワゴンRスティングレー リミテッドII 相場をチェック!

 

スズキ ラパンの中古車を千葉でお探しの方へ

ラパンの中古車を探すときのポイント

ラパンは、女子向けの車なので、人気カラーはピンクや赤などかわいい色が人気ですね。
新型と初代だと、初代の方がデザインが丸っこくかわいいので、初代の方が実は人気です^^

でも運転のしやすさとか内装で言うと、新型の方が優れているので、見た目を重視するなら初代、乗りやすさを重視するなら新型という感じです。
ちょっとどちらを選ぶのか難しいですね。

で、中古車の価格としては、初代の方が古くなるので、もちろん安いです。
そこらへんも比較するポイントになるかと思います。

あとは一般的に中古車を選ぶときに重視するポイントを気にかけておけばOKですね。

  • 走行距離
  • 事故の有無
  • ボディの傷やへこみ

カーセンサーなら豊富な在庫の中から、好きなカラーやグレードなどでラパンを探すことができるのでおすすめです。
もちろん千葉の中古車情報も充実しています。

カーセンサーで千葉のラパン中古車を探す 

ラパンの中古車を販売している販売店マップ(千葉編)


より大きな地図で ラパン-千葉 を表示

ラパンの中古車相場情報

モデル名 画像 生産年月 新車時の価格 中古車相場
初代 ラパン 初代ラパン 2002年1月~2008年10月 95~160.8万円 相場ページへ行く
新型 ラパン 新型ラパン 2008年11月~ 104.8~155.4万円 相場ページへ行く

新古車を買うのに最適な時期っていつ?

新古車ってなに?のページでも書きましたが、新古車は、ディーラーがメーカーとのにぎりなどのノルマを達成するために、自社で新車を購入して、登録することでできあがります。

ですので、そのようなディーラーがなんとしてもノルマを達成したい時期には、新古車が多く市場に流通することになり、お目当ての車種・カラーの新古車を見つけやすくなりますし、供給量が増えるので値段も下がりやすくなります。

ですので、新古車を購入するのに一番良い時期は、3月の年度末決算と9月の半期決算の時期、もしくはその少し後ということになります。

この時期なら、新車販売でなんとかノルマを達成しようと登録された新古車がわんさかと中古車販売店に流れてきますので、少しでもお得に新古車を買いたいと考えている方や、どうしても希望の車種・カラーは譲れないという方は、3月・9月頃から新古車を探し始めるといいかもしれません。

 

ただし、自動車販売店が、力を入れて新車販売したい時期は決算月だけではありません。

7・8月の夏のボーナス月や12月の冬のボーナス月、モデルチェンジやマイナーチェンジをする前など、ディーラーによって力の入れ具合や時期は変わってきますが、基本的に新車販売に力を入れている時期には、新古車の購入の狙い目でもあるという法則は覚えておきましょう。

もちろん、そういう時期には、新車の値引きもやりやすくなりますので、新車の購入の狙い目の時期でもあります。

人気車種の場合、新車と新古車の値段の違いがそこまでない。ということもありますので、しっかり新車と比較検討して、買うようにしましょうね。

また、いくら時期に気をつけていても、普段の在庫状況や相場情報を把握していないと意味がありませんので、goo.netやカーセンサーなどで常にお目当ての車種の新古車情報はチェックしておきましょう!

いいものがあれば、時期にこだわらずに購入することも検討しましょうね^^

プリウスの新古車をお得に買うための3箇条

その1:新車の見積もりも取って比較するべし!

プリウスはご存じの通り、非常に人気のある車ですので、新古車の相場も高めです。
場合によっては、新車よりも高い新古車も存在します。

ですので、プリウスの新古車だ!というだけで飛びつくのではなく、しっかり新車の見積もりも取って、できれば値引き交渉までしたうえで、値段を比較検討するようにしましょう。

また、比較検討する値段は、本体価格ではなく、諸費用も含めた支払総額でするようにしましょう。

新古車のメリットは、諸費用が安くなるということでもあるので、これもきちんと計算に入れないと、きちんとした比較ができなくなってしまいます。

また、新車の見積もり時の注意点は、エコカー補助金ですね。
これも計算に入れたいところですが、プリウスは非常に人気のため、新車の場合、納車までの期間が異常なほど遅くなります。
半年以上先になることもあるので、エコカー補助金の適用になるのかどうかしっかりと確認が必要です。

 

その2:装備やオプションについてしっかり確認する。

新古車は新車とは違い、メーカーオプションやカラーなどを自由に選ぶことができません。
すでにある中からしか選べませんので、お目当てのオプションはついているか?もし付いていないならつけることが可能か?

付属品が付いていないようなら、つけてもらうことは可能か?

なども確認しておきたいですね。

 

その3:できるだけ多くの新古車情報をチェックする!

新古車を買おうと思って、いきなり近所の中古車販売店に出向いてはいけません。
いきなり何の予備知識もなしに、「プリウスの新古車が欲しいんですけど~?」なんて言って、お店に行った日にはいいカモになって、うまいことお店のセールストークに乗せられてそのお店でことになるのがオチです。

ほかではもっと安くプリウスの新古車を買うことができるというのに。。。

そんな事態にならないために、ネットを活用して、できるだけ多くのプリウスの新古車情報を仕入れておきましょう!

ネットを活用すれば、地元だけではなく、全国の販売店の在庫や値段をチェックすることができるので、相場も知ることができます。

インターネットでプリウスの新古車をチェックするには、カーセンサーが便利です。

日本全国の新古車の情報を、グレードや年式、カラー、地域など豊富な条件で検索でき、その場で見積もりまでできちゃいます。

ぜh活用してみてください。

カーセンサーでプリウスの新古車情報をチェックする!

 

新古車ってなに? なぜ存在するの?

新古車ってどういうもので、またどういう理由でできあがるのでしょうか?
新古車とは、名目上は中古車なのですが、使用されていない車ということで、自動車ディーラー・中古車販売店が、新車よりも安い価格によって売り出している車のことを言います。
ちなみに現在は、新古車という言葉を使ってはいけないことになっているので、未使用車、登録済み未使用車などと言われます。

実際に誰も乗っていない車ですから、当然品質は新車と同じ、でも、登録上は新車ではなく、ディーラーが一度登録済みとした車なので、中古車という扱いになります。

新車と同じ品質の車を、新車よりも安い値段で手に入れられるということで、新古車を狙って車を購入する方も多く、新古車はお目当ての車をできるだけ安く購入するための方法となっています。

新古車が出来る上がる理由

その1:ディーラーの実績作り

自動車ディーラーが販売台数を多く見せたい、ノルマを達成したい、目標台数を達成してメーカーからの報奨金を得たいという理由から、自分の店で車を購入して登録まですることで、実績をできるだけ上げようとします。
そうして、ディーラーが登録した車を新古車販売業者や中古車販売業者に売却することで、新古車として市場に出回るわけです。

その2:新車注文のキャンセル

新車の注文が、何らかの理由で、キャンセルとなってしまった場合の新車を、新古車として流通させる場合もあります。

その3:展示品などの処分

ディーラーでの展示品を新古車として流通させる場合もあります。

その4:わざと新古車を作る

最近は、新車と同じ品質の車を新車よりも安く買えるということで、新古車がかなり人気となっています。
ですので、あえて新古車として販売するために、わざと自社で購入して登録して新古車を作り、新古車専門販売店や中古車販売店などに流す場合もあります。

 

以上の理由が新古車ができるあがる主な理由です。

ダイハツ タントの新古車をお得に買う方法。新車より安い?

タントは軽自動車のなかでもかなりの人気車種ですので、新車の値引き額はなかなか渋いですし、中古車もなかなか値下がりしません。

もちろん新古車(登録済み未使用車)についても、新車と比べてびっくりするほど安い!と思うような金額にはなっていません。

新車 新古車の相場
グレードLの場合 122~134万円 95~115万円

2012/5/23現在のデータです。新車の価格はメーカー希望小売価格です。新古車の相場はカーセンサーに掲載されている情報を調査したものです。

ただし、新古車の場合、自動車重量税は無料になりますし、自動車所得税は割引になるなど、諸費用が新車を購入するよりも安くなりますし、場合によっては、最初の金額からの値引き交渉も可能です。
新車の場合、タントの値引き交渉はなかなか厳しい闘いになりますが、エコカー補助金の対象となりますので、所定の手続きをすれば後日7万円が返ってきます。

以上のように新車で購入するか、新古車で購入するか。それぞれにメリットとデメリットがありますので、少し整理してみましょう。

新車 VS 新古車のメリットとデメリット

タントの場合 メリット デメリット
新車 ・なんといっても新品!
・色・グレードなど自由に選べる
・メーカーオプションも自由につけられる
・エコカー補助金・エコカー減税の対象
・本体価格&諸費用が新古車に比べると高い
・納車まで時間がかかる
新古車 ・新車と比べて品質はほぼ同じ
・メーカー保証は新車と同じものを受けられる
・新車と比べると本体価格が安い
・諸費用(所得税や重量税など)が割引もしくは無料
・納車が早い
・人気車なので希望の色・グレードの車種を見つけやすい
・エコカー減税の対象
・色・グレードは自由に選べない
・メーカーオプションも自由につけられない
・車検時期が新車よりは早く来る
・売るときの査定額は低くなる

 

以上のメリット・デメリットを踏まえたうえで、

「中古車は安くても当たり外れもあるし、型が古いので嫌。メーカーオプションには別にこだわらない!とにかく、できるだけ新しいタントをできるだけ安く買いたい!」という方は、迷わず新古車にしましょう!

「多少、価格が高くなってしまっても、自由にメーカーオプションをつけたり色やグレードを選んで買いたい!」という方は、新車にしましょう!

 

タントの新古車をお得に買う方法

新車と新古車両方の見積もりを取るべし!

新車にするにせよ、新古車にするにせよ、必ず両方の見積もりを取って比較検討するようにしましょう。

タントのような人気車種の場合、新車よりも新古車の方が値段が高い!なんていう事態もたまに起こります。
なぜそのような事態が起こるのかというと説明が長くなりますので省きますが、新古車だ!というだけで飛びつくのではなく、しっかりと新車で購入した場合の価格と比較してから購入することが失敗しないためのポイントです。

また比較するときのポイントは、本体価格ではなく、諸費用も含めた「支払い総額」で比較することを忘れないでください!

新古車は、新車と比べて本体価格はそれほど変わらなかったとしても、自動車所得税は割引になりますし、自動車重量税は無料になったりと、諸費用が新車よりも安くなりますので、支払総額でいうとけっこうな値段の違いになったりします。

いまは、インターネットで簡単に新車の見積もりができるサイトがありますので、活用しましょう。
→ インターネットで簡単!タントの新車見積もりはこちらからできます。 

煩わしい営業電話や訪問なんかもなく、メールだけで手軽に見積もりできるのが魅力です^^

 

新古車の見積もりに便利なサイト

カーセンサー.net

リクルートが運営する全国の中古車情報を検索できるサイトです。
もちろん新古車(正式には登録済み未使用車) に絞り込んで探すことができます。
支払総額や年式、車検などで自由に並び替えもできるので探しやすいです。
希望の年式やグレード、地域など豊富な検索条件から全国の販売店の優良物件を見つけることができるでしょう^^

→ カーセンサーでタントの新古車をチェック!