輸入車の新古車ってどうなの?

私もそうですが、外車好きという方は沢山います。
私の場合、最初に乗った車がミニクーパーで、その面倒な魅力に魅入られてしまった、という感じです。
日本車にはない面倒さ。
機能性は日本車のほうが絶対いいのですが、頑丈さとか、そのフォルムの独特な魅力が、忘れられないのですよね。

輸入車、外車を安く手に入れたい、輸入車の新古車ってないの?という疑問は私も持っていました。
そこで友人の車に詳しい人に聞いてみたのですが、ないことはない、ということです。
国産車に比べると、台数的に少なくなりますが、やはりあることはある、というのです。

輸入車の場合、国産車と販売システムがかなり異なるので、自社登録者というケースは少なくなります。
長期在庫という状態になっても、大きな値下げをして新車という形で販売することが多いのだそうです。

こういった流通経路によって、輸入車の新古車というと、かなり低くなっていくというのです。
ですから輸入車の場合、本当にラッキーじゃないと手に入らないということになりますね。

でもマイナーチェンジなどモデルが変わるというときが狙い目になるということですから、探してみる手はありそうです。

新古車のアフターサービスってどうなってるの?

新古車は、中古です。
新車ではありません。
それがどういう理由であっても、新車として受注し購入した車とは違うということを理解しておきましょう。

そういった点を考えると、新車といっても新古車の場合、中古車の保証になるということを忘れないでください。
新車の保証と比較すれば、当然保障期間も短くなるのです。
しかし、中古車を販売するよりも、新古車という販売方法のほうが、売る側としてクレームも少なくなり、リスクも減少するので、業者によっては中古車よりも保障期間を長く取るという業者も少なくありません。

また新古車の場合、初年度の登録から時間がそれほどたっていないという場合が多いので、新車の保証を受け継いでいるということも少なくないようです。
これを継承保証といいます。

新車の保証期間内であれば、購入時にディーラーが12ヶ月点検を受けることで、残りの保障期間の新車保証が適用されるというシステムです。
このサービスのシステムはその販売店次第ということになるので、確認してみる必要があります。

新古車をディーラーで購入という場合には、ほとんどの場合、こういったシステムも新車と変わらないようです。

新古車を買うのに最適な時期っていつ?

新古車ってなに?のページでも書きましたが、新古車は、ディーラーがメーカーとのにぎりなどのノルマを達成するために、自社で新車を購入して、登録することでできあがります。

ですので、そのようなディーラーがなんとしてもノルマを達成したい時期には、新古車が多く市場に流通することになり、お目当ての車種・カラーの新古車を見つけやすくなりますし、供給量が増えるので値段も下がりやすくなります。

ですので、新古車を購入するのに一番良い時期は、3月の年度末決算と9月の半期決算の時期、もしくはその少し後ということになります。

この時期なら、新車販売でなんとかノルマを達成しようと登録された新古車がわんさかと中古車販売店に流れてきますので、少しでもお得に新古車を買いたいと考えている方や、どうしても希望の車種・カラーは譲れないという方は、3月・9月頃から新古車を探し始めるといいかもしれません。

 

ただし、自動車販売店が、力を入れて新車販売したい時期は決算月だけではありません。

7・8月の夏のボーナス月や12月の冬のボーナス月、モデルチェンジやマイナーチェンジをする前など、ディーラーによって力の入れ具合や時期は変わってきますが、基本的に新車販売に力を入れている時期には、新古車の購入の狙い目でもあるという法則は覚えておきましょう。

もちろん、そういう時期には、新車の値引きもやりやすくなりますので、新車の購入の狙い目の時期でもあります。

人気車種の場合、新車と新古車の値段の違いがそこまでない。ということもありますので、しっかり新車と比較検討して、買うようにしましょうね。

また、いくら時期に気をつけていても、普段の在庫状況や相場情報を把握していないと意味がありませんので、goo.netやカーセンサーなどで常にお目当ての車種の新古車情報はチェックしておきましょう!

いいものがあれば、時期にこだわらずに購入することも検討しましょうね^^

新古車ってなに? なぜ存在するの?

新古車ってどういうもので、またどういう理由でできあがるのでしょうか?
新古車とは、名目上は中古車なのですが、使用されていない車ということで、自動車ディーラー・中古車販売店が、新車よりも安い価格によって売り出している車のことを言います。
ちなみに現在は、新古車という言葉を使ってはいけないことになっているので、未使用車、登録済み未使用車などと言われます。

実際に誰も乗っていない車ですから、当然品質は新車と同じ、でも、登録上は新車ではなく、ディーラーが一度登録済みとした車なので、中古車という扱いになります。

新車と同じ品質の車を、新車よりも安い値段で手に入れられるということで、新古車を狙って車を購入する方も多く、新古車はお目当ての車をできるだけ安く購入するための方法となっています。

新古車が出来る上がる理由

その1:ディーラーの実績作り

自動車ディーラーが販売台数を多く見せたい、ノルマを達成したい、目標台数を達成してメーカーからの報奨金を得たいという理由から、自分の店で車を購入して登録まですることで、実績をできるだけ上げようとします。
そうして、ディーラーが登録した車を新古車販売業者や中古車販売業者に売却することで、新古車として市場に出回るわけです。

その2:新車注文のキャンセル

新車の注文が、何らかの理由で、キャンセルとなってしまった場合の新車を、新古車として流通させる場合もあります。

その3:展示品などの処分

ディーラーでの展示品を新古車として流通させる場合もあります。

その4:わざと新古車を作る

最近は、新車と同じ品質の車を新車よりも安く買えるということで、新古車がかなり人気となっています。
ですので、あえて新古車として販売するために、わざと自社で購入して登録して新古車を作り、新古車専門販売店や中古車販売店などに流す場合もあります。

 

以上の理由が新古車ができるあがる主な理由です。