ETCの障害者割引について

ETC利用の割引制度には、障害者割引もあります。
ETCカードを所有し、ETCシステムを利用する障害者の方に割引を行うというサービスです。
ただ、この割引を利用するためには、事前登録が必要になりますから、注意が必要です。

障害者割引制度は、身体障害者の方が自ら運転する車、または、重度の身体障害者の方、もしくは重度の知的障害者の方が同乗し、障害者ご本人以外の方が運転する場合に、対象となるサービスです。

障害者の方が運転されるという場合には、身体障害者手帳の交付が必須になります。
身体障害者手帳を持っていない方は、対象外となります。

障害者の方ではなく、他の方が運転し、障害者の方が同乗されるという場合、身体障害者手帳または、療育手帳の交付を受けており、重度の障害を持っているという方が、対象となるサービスです。

このほかに、台数や車種要件、所有者要件なども細かく規定があります。
事前登録は、福祉事務所等で行うことになりますので、詳細を確認してみましょう。
更新申請も必要になりますから、説明をしっかり聞いて確認しておく必要があります。

ETCカードってお得?ETCの割引について考える

ETCの割引制度が始まって、ETCカードを作る人も激増しましたね。
高速道路の料金は、本当に高くて、帰省する際車を利用したくても、高速料金にガソリン代金・・・と考えると、やっぱり無理か?なんて思ったものです。

しかし、休日特別割引や夜間割引、早朝の割引などの制度が始まって、多くの方々が、高速道路を積極的に利用するようになりました。

休日特別割引の実施期間は、平成21年3月28日から平成23年3月31日まで、という予定ですが、それでも交通費削減には大きなものがあります。

地方部区間(東京大阪の大都市近郊区間以外)の上限が1000円となるもので、1回の支払単位ごとに適用される休日特別割引。
乗り継ぎの特例や一定条件等がありますが、確かにお得です。

実施されてすぐは、勘違いも多く、1000円で乗り放題?なんて思っている方もいたようですね。

ETC車載器を取り付けていなかった家庭でも、やはりこれは魅力的で、一時期は、車載器取り付けも機械自体も間に合わないという事態にまで発展しました。
ETCカード利用、車載器利用で、割引になるという制度があるうちに、どんどん活用していきたいものです。