ETC車載器をセットアップする方法

ETCカードを利用するために必要なセットアップにも、種類があります。
この種類は、セットアップを行う業者、取次店によって違いますから、確認を取っておきましょう。

情報発行元とセットアップ店で、暗号化された情報をオンラインで送受信し、セットアップを行うのが、オンラインセットアップ店です。
ETC車載器を車に取り付ける際に、同時進行で出来ますから、楽ですね。
ETCカードがあれば、当日ETC利用が可能になります。

オフラインセットアップ店では、セットアップの情報をファックスや郵送でやり取りを行いますので、1週間程度時間がかかります。

最近は、オンラインセットアップ店が多くなっていますので、ETCカードの申し込みを先に行い、手元にETCカードがあれば、即日利用できるということで、人気があります。
ETCシステムを導入した車は、有料道路が割引になる、など政府が打ち出した時、ETCの取り付けはいつになるのかわからないほど混んでいましたが、今は順番を待たずにETCのセットアップができるようです。

ETC車載器のセットアップについて

ETC車載器、そしてETCカードを持っていても、すぐにそれが使えるということではなく、セットアップという作業が必要になります。
車の情報などの初期情報を書き込まないと、ETCは利用できないのです。
通行量を計算するために、絶対に必要になります。

ナンバープレートなど、車の情報を暗号化することで、ETCカードによってETC車載器に電子的に格納します。

このセットアップは、情報を高度に暗号化処理する必要があります。
やはり不正利用を防ぐことが一番の問題になります。
そこで、その信頼性を保つために、技術もセキュリティレベルも最高水準でなくてはならず、厳しくチェックする必要もあるわけです。
セットアップは、メーカーや自動車部品メーカー、販売店等で行うことができますが、登録制で管理されています。

セットアップをお願いするときには、セットアップができる登録店で申込書類に記載し、申し込みを行います。
セットアップを行っている業者に相談すれば、どういった情報が必要になるか、丁寧に説明してくれると思いますので、確認してみましょう。